彼氏ができる女・できない女

こんにちは。
今回は「彼氏ができる女」と「彼氏探ししているのに彼氏ができない女」の
違いについて書こう思います。

彼氏がすぐできた女、みっちゃん。

先日の相席屋の記事の登場人物、みっちゃんは、
あの時の相席屋で出会った人と、お付き合いすることになりました。

出会った日から、付き合うことになる日まで、約2週間。
その間LINEをしつつ、2回ほど2人で会ったそうです。

みっちゃんは、ちょっと臆病?な面があって、
初めてのデートの日、その日は休日にも関わらず、
「夕方から仕事」だと嘘をついて、ランチデートをしたそうです。
最初から飲むのはちょっと…みたいな。

でも、そのデートが楽しかったらしく、
実は夕方からお休みというのは嘘だということ、楽しいから夕ご飯も一緒に食べたいということを
相手に伝えて、その日は夜まで遊んだそうです。

この手口。可愛くないですか???

自分が誠実な人間、真面目な人間だとアピールしつつ、
あなたは特別です感。

2回目のデートで告白され、まだ相手のことよく分からないし、微妙なところもあるけど
前の彼氏よりは一緒に居て楽しいし、付き合ってみよう!となったそうです。

重要なのはここ。
みっちゃんの話は一旦置いておいて、彼氏のできない女(私)の話をしましょう。

彼氏がなかなかできない女

みっちゃんとの違いは、

  • 「微妙なところ」に目をつぶれない
  • 彼氏作りに慎重になってしまう
  • 「完璧さ」は求めていないが、「自分のタイプ」を求めてしまう

これですね。
客観的に見て良い人でも、自分のタイプでなければ付き合おうとしない。
「微妙だな…」と一度思った点に目をつぶれない。
とりあえず付き合ってみよう、ということが出来ない。

これが彼氏いない歴を伸ばす原因です。

実際、この間、恋活アプリ「ゼクシィ恋結び」で会った方に告白されました。
全くモテないわけじゃないんですよね、なかなか彼氏ができない人って。

例えば、身長も低く無いし、顔だってフツメン。
体型もがっしりしてるし、性格もしっかりしている。
お仕事にも真面目な方だし、これが「お見合い」だったら、かなり良いお相手なんだろうなと思います。

多分、みっちゃんならOKしてる。

でも、私はできなかった。
なぜなら、「なんとなく」タイプじゃなかったから。

あ〜あ、もったいない。
と思えればいいのに、思えないから彼氏ができないんです。

男友達が言うには、

「婚活してる人は、相手を慎重に選びすぎて、恋愛から逆に遠ざかっている。
 それが結婚すら遠ざけてることに気付いていない」だそうです。

ぐうの音も出ない…。

彼氏ができる人とは

好きなところや、この人のここが良いなと思えるところが3つ以上あれば、
その人と付き合ってみるという選択ができる人こそ、彼氏ができる人です。

だって、付き合ってみてやっぱり違ったら、お別れすればいいのだし、
それは全然時間の無駄ではありません。

「妥協」という言葉が頭によぎったとしても、
お相手と真剣に向き合って、それでダメだったら、それは大切な経験になります。

 

というわけで、私のような妥協がなかなかできない女性は、
とにかく色んな人と出会って、大勢の男子を知るべきです。

そうしたら、「微妙だな」と思っていた人よりもずっと自分と合わない人に出会って、
「微妙だな」だった人の評価が上がったり。
身の程を知ったり。
逆にものすごく好きな人に出会える可能性だって、数多く出会わないと上がりません!

というわけでこれからも出会いの数は減らさないように気をつけたいと思います。
また、自分磨きも忘れずに。

 

おすすめアプリはこちら

 

 

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目は * 印がついています